結婚準備は日取り設定から

結婚式の準備としてまず日取りの設定は必ず最初にしなければならないことです。

季節や、曜日などカレンダーとスケジュールを照らし合わせながら決めて行きます。

お日柄の良い日は1年位前から埋まっていきます。

結婚式にもといいますか、結婚式だからといってもよいくらい人気の季節があります。

式に来ていただくお客様の事を考えると気候の良い春と秋は人気が高く結婚式が集中する季節なのも仕方がないことですね。

日程になると大安の土曜日、日曜日、祝日。

来ていただく方に配慮して連休などと、考える事は皆さん一緒ですからお日柄がいい時には最も集中します。

幸せな花嫁の象徴と言われるジューン・ブライド。

6月に行われる結婚式は人気が高くどの式場も早くから予約が埋まってしまいます。

早めに手配出来るようにした方がいいでしょう。

人気のある6月の季節は、日本は蒸し暑い露の時期に入ります。

屋外でのパーティーは開放感もあり素敵な結婚式になりますがこの時期はできれば避けたほうが無難です。

逆に結婚式が少ない季節が夏と冬。お日柄では仏滅です。

オフシーズンなので安いプランが多数用意してある式場もあります。

結婚式の数が少ないので、直前の申し込みも可能な場合が多いですしサービスも良くなるようです。

お盆や年末年始はご招待される側の皆さんも最も忙しい時期ですので、この時期の結婚式は避けた方が無難です。

ふたりを祝福してくれる方々への気配りは大事にしましょう。

結婚式の日取りは、昔のように大安や仏滅にこだわるカップルは減っているようです。

しかし年配の方には日取りを気にする方もいらっしゃるので両親や家族に相談して一緒に日取りの設定をした方がいいですね。

キリスト教の挙式の場合は考慮しなくてもよいとされています。

日取りの考え方のルーツは中国を起源とした東洋から来ているようです。

前の記事で書きましたが時間帯によっては大安、仏滅以外の日にも、吉凶があります。

結婚式の開始時間を決めるときに参考に覚えておくと便利です。

大安の日はすべてが吉、先勝は午前中が吉、先負は午後からが吉、友引は朝晩が吉、理由としては友を引くと言われることから来ています。
祝い事なら終日良い人されているようです。赤口は正午が吉。

仏滅は祝い事は避けたほうがいいでしょう。




| 結婚準備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。