結婚準備で知っておくべき結婚式のスタイルについて

私の幼い頃からの夢はバージンロードを純白のウェディングドレスを着て歩くこと。

バージンロードを歩くのは、私の物心が付いた幼い頃からの夢。

という人もいれば、日本の伝統的な白無垢を着て和の趣を感じたいという人もいるはずですね。

いろいろな挙式スタイルがある中で、結婚式で何を表現したいのか、誰に見てもらい、誰に一番喜んでもらいたいかを二人で話し合いながら決めていきます。

また、挙式スタイルはさまざまな宗教もかかわってきます。

どんな結婚式にしたいかを慎重に話し合って最終的に決める前にご両家のご両親に意見を聞いてみるのも良いかもしれません。

式場探しと同様に大切なのは結婚するお互いのコンセプトです。

お互いのコンセプトをしっかり持ちながら自分たちの「挙式+披露宴」を楽しく表現することが出来れば、印象に残る結婚式にする事ができます。

もっとも人気がある結婚式のスタイルはキリスト教式です。

半数以上のカップルがこのスタイルを選ぶようになりました。

白いドレスとバージンロードが昔からの憧れ、と言う人が多いのも人気の理由ですね。

ほとんどのホテルが、親族以外の友人や知人の方々などを招待出来るようになりました。

専門式場でもチャペルが併設されてます。

キリスト教にかかわりがなくても挙式する事が出来るのです。


同じ挙式でも、神前式と言う形もあります。

神前式とは先祖の神々に結婚を報告する日本の伝統的な挙式スタイルを言います。

白無垢などの和装。奥ゆかしく、しめやかな雰囲気は両親の強い希望でとこのようなスタイルを選ぶカップルも多いようです。

列席者は親族のみと思われる方もたくさんいますが、知人・友人も列席が出来ます。

みんなと同じにしたくないというオリジナルな点で最近は芸能人カップルがこのような形にすることが増えました。

最近も話題になったカップルがいましたね。

また仏前式とは、仏さまに二人の結婚を報告し、先祖の霊に二人の出会いを感謝するスタイルです。

基本的には僧侶を自宅に招いて挙式をするか両家のどちらかの菩提寺で挙式するかが一般的だと言われています。

信徒ではない人が仏前式での挙式を挙げることは、とても難しくなっており行っている人数は全体の約1%と少数です。

家族・友人・知人など列席者全員の前で愛を誓い合う人前式は新しいウエディングセレモニーとしてとても人気があります。

自由なアレンジが可能の他、決まった形式がない分、自分達のオリジナルウエディングを作れるのも人気の一つです。

結婚式自体があまりにも砕けてしまうとよくないこともありますから
注意しながらの話し合いが必要ですね。

またテーマパークや船上などで披露宴を行うことも出来ます。

新しいアイデアを次々企画してくれる会社もありますよ。



| 結婚準備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。