結婚準備でのドレスのデザインの基本知識

前回和装の種類について書きました。

今回は結婚式で新婦さんが最も楽しみにしているウエディングドレスの基本についてです、是非参考にして下さい。

ウエディングドレスの中でもたくさんのデザインがあります。

普段の洋服選でも見た感じと着た感じは違うように、ドレスも見たイメージと着たイメージはまったく変わってきます。

ただ好きなドレスを選ぶのではなく、自分に合ったドレスを見つけることが重要です。

結婚式の準備でとても重要になるドレス選び。

ドレスにも種類があります。ドレスのシルエットは、大きく5種類にわける事が出ます。

ここで5種類のドレスの説明をしますね。

最も人気の高いシルエットのAラインは誰にでも似合うデザインになっています。

上半身が細く、アルファベットのAのように裾にいくにしたがって広がりがあるデザインです。

カバー効果もあり背が低い人にAラインのシルエットはお勧めです。


上半身はぴったりとフィットし、ウエストから裾にかけてフレアーで広がったデザインがプリンセスラインです。

スカートの下に入れるパニエのボリュームがポイント。スカートの膨らみを調節できます。
華のあるシルエットは大きな会場にも負けないと人気です。

スレンダーラインとは、細身のシルエットです。身体のラインに沿ってデザインされてあります。

縦のラインが強調されることで、身長の高い花嫁さんの美しさが引き立ちます。

こじんまりした小さな会場に良く映えますよ。体型に自信のある方に是非着ていただきたいデザインです。

ベルラインとは、名前のとおり、ベルのような形をしたシルエットです。

ウエストを絞ることで、ウエストから下に向かってのボリュームが強調され、とても華やかに映えます。

また、体型補正効果が期待できるので、誰でも安心して着る事が出来るデザインです。

スレンダーなドレスのひざ下から裾に向かって人魚のように広がっていくシルエットを見たことはありませんか?

このドレスをマーメイドラインと言います。裾が広がった部分にはギャザーがほどこされてあり、ゴージャスなデザインのドレスです。

女性らしく大人っぽいく、ちょっと目立ちたい方にお勧めです。









×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。