Aラインのウエディングドレス

ウェディングドレスには様々なラインがありますよね。

プリンセスライン、マーメイドライン、ベルラインなどなど。

今日はその中でも、いつの時代も人気のウェディングドレス、「Aライン」をご紹介いたします。

Aラインドレスは、1955年のパリ・コレであのクリスチャンディオールが発表したドレスラインです。

Aラインという名前の通り、ウエストから裾にかけて、スカート部分がアルファベットの「A」のようにまっすぐに広がったラインが特徴のウェディングドレスです。


ウエストでの切り替えがなく、縦のラインが強調されるので、腰のラインがすっきりして、スタイルが引き締まって見えます。

しかしながらスタイリッシュすぎず、ゴージャスなシルエットを作り出してくれるウェディングドレスです。

女性らしいエレガントさを演出してくれますよ。身長、体型にかかわらず、どんな方でも着こなせるバランスのよいウェディングドレスなので、初心者の方におすすめです。

身長の低い方でもウェストの位置が高く、脚が長く見えます。ヒールを履けばさらに高く見せることができます。

また、スタンダードなウェディングドレスですが、デザインや素材によって様々な表情を見せてくれるドレスです。

スタンダードなだけに、思考のこらされた豊富なデザインのドレスがあります。

実際に試着してみて、自分にぴったりのウェディングドレスを選んでくださいね。

またインターネットでもいろいろなデザインのAラインドレスが紹介されているので、参考にしてみてください。




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。