オリジナル招待状を作る時のポイント

結婚式の招待状は、以前は、式場においてあるカタログから選ぶ人が多かったですね。

私なども頂く招待状は皆一緒でした。

しかし、今では、オリジナル・ウェディングを好む人が増えたこともあり、招待状を自分たちで手作りする人が増えてきました。

そこで、結婚式の招待状を作成するときのポイントを説明します。

○必要なもの

・招待状・・・・・・・表紙と文面を印刷した中紙

・返信用のはがき・・・ご出席、ご欠席のお返事をもらうために必要です

・カード(付箋)・・・・挙式に参列してもらう方や、祝辞や余興をお願いする方に添えます

・封筒・・・・・・・・招待状を入れるためです

・シール・・・・・・・封筒を閉じるためです

○文面を作成するときの注意点

・結婚式のタイプ
 教会式・人前式の場合・・・通常全員参列になるので、文面にその内容を書きましょう

 神前式の場合・・・・・・・通常ご親族のみ参列になるので、別にカードを添えましょう

・招待状の差出人

 本人の場合・・・・・・親しい友人のみの披露宴の場合には、自分達らしい表現でもかまいませんが、目上の方や両家のご親族を招待する場合には、形式的な表現にしましょう。

 両家の親の場合・・・・「○○長女○○」のように、親の名前の下に続柄、自分の名前を入れましょう。

親が結婚する二人の紹介をして、結婚式に出席することをお願いするという形式になりますので、しきたりどおりの文面が望ましいです。

ほかにも、送迎バスを準備している場合には、その旨を書き添えましょう。

また、今はアレルギーを持つ人が増えましたので食物アレルギーがないかどうかも書き添えるとより親切でしょう。




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。