結婚式の招待状での注意点

結婚式の招待状は内容で悩むと思います。

一般的には、文面などは結婚式場にあるカタログやサンプルを参考にすると間違いないと思います。

招待客を確認するときに注意すること・・・

注意をする点を上げておきます。

一番大事な点は何人招待するのかを決める事です。

その上で「必ず招待しなければならない人」と「招待できる人数に余裕がある場合に招待する人」の2種類に分けます。

「必ず招待しなければならない人」を書き忘れないように気をつけましょう。

予算の関係でお呼びする人数にかぎりが出るものです、優先順位をつけましょう。

それでは結婚披露宴の招待状発送の優先順位は?・・・

招待客は、先輩や会社の上司、友人、親戚、同僚などから選ぶのが一般的です。

両親の知人を招待する場合には、新郎新婦が直接お世話になった人を選ぶようにしたほうがいいでしょう。

この場合には、両親の立場を考え、両親の知人を招待する場合には必ず両親に相談するようにしましょう。

両家の招待客の比率は・・・

結婚式披露宴の招待状を出す際は、両家の招待客はだいたい同数にすることが理想的です。

招待する人数を2で割って割り当ててから、招待客を書き出すといいでしょう。

招待された人は結構このバランスを見ているものです。


結婚式招待状の内容や招待状の文面の調子は?・・・

形式的な内容でも口語調にするのが基本の書き方です。

結婚式場にサンプルなどがあります。参考にするのも良いとおもいます。

しかし、そのままそっくり真似するのはあまりよくありません。


結婚式招待状の内容について必要なこと・・・

内容で、絶対忘れてはならないのが

・「日時」
・「場所」
の2つです。

媒酌人がいる場合には媒酌人の名前も入れるのがマナーです。

また招待状の最後の方には、「返信はがきの返信期日」、「服装について」などを付け加えるとなお良いとおもいます。

基本は、案内状、会場までの案内図、返信用はがきなどは必須です。

それにプラスして披露宴の進行表、式の順序、二人の略歴、座席表などを同封する場合もあります。

また、差出人が本人以外の場合(両家の親など)は、本人からも別紙にひとこと挨拶を書いて同封すると印象が良いものです。





×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。