結婚準備の前に知りたい結納の基本知識

地域によって違いはありますが、結婚式の前に結納を取り交わす慣わしがあります。

それでは結納とはどんな形で行ったら良いのでしょうか。

結婚するとなると家と家との結びつきといった考え方からいろいろな仕来たり(しきたり)が出てきます。

本格的な結納の形は、まず仲人さんが男性家で結納品を受け取ります。
そして女性家に納めます。女性家では祝い膳を行い、仲人さんに結納返しを預けます。

今度は仲人さんが男性家に結納返しを納めに向かいます。結納品は両家が同じ数(奇数)で揃えるのが一般的です。

事前に両家で話し合い、何品目にするか相談しましょう。

省略した数の結納品を送る場合がありますが、目録は省略せずにそのままにします。

飾り台は、複数代が仕来たりの地方もありますが、住宅事情によっては1台で済ませてしまうケースも多いようです。

各地で色々な仕来たりがあるようですが最近は略式結納で済ませることが多くなりました。

略式結納とはどんな結納なのでしょうか。ここで略式結納について説明します。

一般的に仲人さんが両家を往復するのではなく、女性側の自宅、あるいは女性宅の近くの料亭、ホテルやレストラン内の個室を使って、両家が一堂に会して行うことを略式結納と言います。

婚約指輪を渡すことをメインに行ったり、結納品は、略式品目で行ったりと、形は様々です。

最近は結婚式場やホテルに付いているパックを利用するケースも増えてきました。

結納は地域による違いが多く、結納の進め方も様々なので両家の話し合いがとても重要です。

両家で仕来りが違うこともあり、話し合いでも解決されない場合は厳格な地域の方を優先してあげてください。

特にどちらでも良いという場合は、一般的には男性側に合わせます。

結納品の交換で一般的なのが、男性側は婚約指輪、女性側は半額程度の腕時計や洋服等を送る場合が多く、女性側の結納返しは必ずしなければならないと言う決まりはありません。

しかし記念品の交換としてデジタルカメラや、実用品、後々必要となる家電などは送るとようにすると喜ばれます。

きちんとした結納品を用意し、レストランで結納を行うことになっても、略式結納の扱いになります。

食事会では、結納品の交換をしなくても全く問題はありません。

いずれにしても結婚したあとは両家ともにお付き合いが始まりますのでお互いがよく話し合いをして「しこり」を残さないように心掛けるようにしたいですね。



結婚準備の前に調べておく結婚費用

前回、結婚を決意して一番先に行なう事が仲人さんを決めることだという風に申し上げました。

でもその前にやることがありました、本当の最初の1歩かもしれません。

結婚式の予算の確認です。

よほどお金に余裕のある人や親にお金を出してもらえるような人は別ですが、多くの人は自分達二人で式の費用を考えているのではないでしょうか、それには式の費用がどのくらい掛かるものか事前調査が必要ですね。

結婚式にはどれくらいの費用がかかるのでしょうか?

結婚式場に訪れると、一番最初に概算見積というのをもらいます。

でもここで出される見積もりはあくまで参考見積で実際にかかる費用とは大きく異なります。

各会場によって見積もりの仕方も違いますが、40人の場合、100人の場合とあらかじめ印刷されたもので大体の予算を説明してくれる所もあります。

逆に希望にそって見積もりを計算してくれるところもあります。

説明の仕方はさまざまですが、大体は話を進めていく上で、きちんとした見積もりを出して行くケースがほとんどです。

結婚式の際にかかる料金は、結婚式場を最初に選ぶ段階で最も重要なポイントになります。

最初にもらう見積もりで金額通りに結婚式を行うことはとても難しいことです。

最初にもらう見積もりでは、最低限度の費用しか含まれておらず、実際にかかるオプション費用やプラスされる様々な費用など多くの金額がこれに加算されていきます。


最低限度の費用と聞くと節約次第で費用が削減されるように思いますが、実際にかかる費用は最低限度の項目プラス、オプション費用、その他たくさんの項目の費用がかかってしまうのです。

それらをプラスしないと通常の結婚式にはならないのが現状です。

一般的にはレストランウエディングの方が安くあげられると言われています。

結婚式の大体の目安として、ホテルや結婚式場で行った場合、1人当たり4〜5万円程度、
70人なら280万〜350万円と見ておいた方が無難ですね。

きらびやかなシャンパンタワーや鏡開き、ゴンドラを使った演出サービスなど、追加したい項目が増えると、結構プラス金額が増えていきます。

美味しいケーキ屋さんに特別のケーキを発注したり、引き出物にお金をかけたり、二人だけの思い出の結婚式を作って行くことは素敵なことです、でも、ちょとだけ考えてください。

ここで注意しなければならないのは、300万円も330万円もあまり変わらない、30万くらい大丈夫じゃないかと、やりたいものをすべてやってしまった時、落とし穴にはまってしまうのです。

特別だから、一生に一回だからとすべてのオプションを追加して行くと100万前後の差はすぐに出ます。

全体の何%で考えてしまえばそんなに大きな額ではないのですが、現実に戻った時、30万円という金額は給料の1か月分。。すると予算の考え方も変わってくるのではないかと思います。

結婚式の夢を壊すわけではありませんが、ハネムーンから帰ったら現実の生活があります。

ゆとりのある予算で行きましょうね。

結婚準備・仲人の依頼

結婚を決めたらまず何をするかというと仲人さんを立てるか立てないかということが一番先に来る問題です。

式の日取りを決める場合でも、仲人さんのご都合をお聞きするのが筋になりますから一番最初に考える問題ですね。

それでは仲人の依頼はどうやって進めて行くのでしょうか。

仲人をお願いしたい人とは、自分たちが最も尊敬出来る方にお願いする場合がほとんどです。

勤め先の上司や恩師、日頃からお世話になっているご夫婦、新郎新婦にとってかかわりの深い方にお願いするのが一般的です。

ただ、最近は転職をする人が多くなりましたので安易に会社の上司にお願いするということも考えものかもしれません。

仲人を依頼する場合、電話や手紙、口頭で最初に気持ちを伝え、その後あらためて二人そろってご自宅を訪問し、ご夫婦にお願いしましょう。

仲人とは結婚を正式にまとめる人(夫婦)の事を言います。結婚する二人の間に立って頂く方々です。

別の呼び方で媒酌人とも言われます。

結婚準備の際、費用やお金について話を進めなければなりません。両家が直接話しにくいことや、結納の時の進行役など間に入ってまとめて頂く人が仲人です。

結婚式では披露宴に来ていただいた方に、仲人さんから新郎新婦の生い立ちや経歴などを紹介して頂きます。

挙式の時は、仲人婦人は花嫁のそばについて、介添役をして下さいます。

結婚した後も、人生の先輩として、二人の力になってくれる存在です。

勤め先の上司や恩師といった、新郎新婦が日ごろからお世話になっている信頼、尊敬できる先輩のご夫婦にお願いするのが一般的です。

お見合い結婚の場合などは、二人を引き合わせた人に仲人をお願いする事が多いようです。

ただ最近では、結納の儀式が簡略化されたり簡単に済ませてしまうことも少なくありません。

結婚式当日だけ仲人をお願いするケースも増えて来ています。頼まれ仲人とも呼びます。

また、形だけの仲人さんなら頼まなくてもいいと、最初から仲人さんを立てない形として結婚式を執り行う場合もあるようです。

仲人をたてるか、たてないかは、自分たちだけでなく、それぞれの両親も交えてよく話し合ったほうがいいですね。

結婚となると家対家という考え方をするようになります。

若い二人だけの考えだけでなく両家のご両親の考え方も受け入れた方が家庭を築いてから良い方向にいくようですよ。

仲人を依頼する場合は、手紙や電話、口頭でまずその気持ちを伝え、あらためてふたりそろって自宅を訪問し、お願いしましょう。

仲人をたてない場合は、友人に司会をお願いしたり、式場のスタッフが司会進行を務める場合もあります。

最近ではこのようなケースも増えてきています・・・




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。