マーメイドラインのウエディングドレス

代表的なウエディングドレスをご紹介しています。

ウェディングドレスには様々なデザインのドレスがあります。

いつの時代も人気のAラインのウェディングドレス、お姫様のような雰囲気のプリンセスラインのウェディングドレス。

今日はその中からマーメイドラインのウェディングドレスをご紹介します。

マーメイドラインは名前の通りドレスラインが人魚のようにみえることから名付けられたラインです。

上半身から腰、膝までぴったりと体にフィットして、膝下から裾が広がっているデザインとなっています。

シルエットがきれいで女性らしい柔らかいラインを引き出し、かつ大人っぽいエレガントさも演出できます。

マーメードラインのパターンは袖有り・無し、トレーン・フルレングス、など、様々なデザインを自由に組み合わせられます。

胸元のデザインの基本パターンは丸い襟ぐりです。自分の好みのデザインを選びましょう。

スカートはフルレングスの場合、床ギリギリの丈になります。

レストランでのウェディングや、ガーデンパーティのときにはフルレングスを選ぶとよいでしょう。また、長いバージンロードを歩く教会でのウェディングなど、後ろ姿が注目されるような場合はトレーンタイプがおすすめです。

ブーケは流れのあるキャスケードブーケやクレッセンドブーケがよく似合います。

キャスケードブーケは逆三角形のラインを描くデザインのブーケで主にカサブランカを使って造られています。

クレッセンドブーケはその名の通り三日月型の弧を描くようなラインが特徴のブーケです。

これらのブーケがマーメイドラインのウェディングドレスを一層魅力的にみせてくれますよ。

Aラインのウエディングドレス

ウェディングドレスには様々なラインがありますよね。

プリンセスライン、マーメイドライン、ベルラインなどなど。

今日はその中でも、いつの時代も人気のウェディングドレス、「Aライン」をご紹介いたします。

Aラインドレスは、1955年のパリ・コレであのクリスチャンディオールが発表したドレスラインです。

Aラインという名前の通り、ウエストから裾にかけて、スカート部分がアルファベットの「A」のようにまっすぐに広がったラインが特徴のウェディングドレスです。


ウエストでの切り替えがなく、縦のラインが強調されるので、腰のラインがすっきりして、スタイルが引き締まって見えます。

しかしながらスタイリッシュすぎず、ゴージャスなシルエットを作り出してくれるウェディングドレスです。

女性らしいエレガントさを演出してくれますよ。身長、体型にかかわらず、どんな方でも着こなせるバランスのよいウェディングドレスなので、初心者の方におすすめです。

身長の低い方でもウェストの位置が高く、脚が長く見えます。ヒールを履けばさらに高く見せることができます。

また、スタンダードなウェディングドレスですが、デザインや素材によって様々な表情を見せてくれるドレスです。

スタンダードなだけに、思考のこらされた豊富なデザインのドレスがあります。

実際に試着してみて、自分にぴったりのウェディングドレスを選んでくださいね。

またインターネットでもいろいろなデザインのAラインドレスが紹介されているので、参考にしてみてください。

スレンダーラインのウエディングドレス

ウェディングドレスにはデザイン・シルエットによっていろいろなラインがあります。

Aライン、マーメイドライン、プリンセスラインなど、華やかなデザインから大人っぽいデザインまで。

今日はその中からシンプルなデザインが特徴のスレンダーラインのウェディングドレスをご紹介致します。

スレンダーラインはすっきりとシンプルなラインが特徴のウェディングドレスです。

ウェディングドレスというとよくヒダヒダが幾重にも重なったふんわりしたイメージがありますが、スレンダーラインのウェディングドレスは、そのヒダがなく、足先までストンと落ちたスカートです。

他のラインのウェディングドレスと比べて、大人っぽい印象を与えるウェディングドレスです。

シンプルで飾らないけれどエレガントで上品なウェディングドレスです。落ち着いた雰囲気を出したい花嫁さんにはぴったりのウェディングドレスです。

スレンダーラインのウェディングドレスは、ボディラインがはっきりと出るので、マーメイドラインと同様細身で背の高い方によく似合います。

しかし、全体的にゆとりを持ったソフトスレンダーラインにすると、体型を隠してくれますよ。

また、全体的にシンプルなので寂しくなりがちなため、顔立ちがはっきりしている方のほうがよいでしょう。

そして、スレンダーラインのウェディングドレスはシンプルな分、小物が引き立ちます。ブーケやアクセサリなどにこだわりたい方にはぴったりです。

結婚準備でのドレスのデザインの基本知識

前回和装の種類について書きました。

今回は結婚式で新婦さんが最も楽しみにしているウエディングドレスの基本についてです、是非参考にして下さい。

ウエディングドレスの中でもたくさんのデザインがあります。

普段の洋服選でも見た感じと着た感じは違うように、ドレスも見たイメージと着たイメージはまったく変わってきます。

ただ好きなドレスを選ぶのではなく、自分に合ったドレスを見つけることが重要です。

結婚式の準備でとても重要になるドレス選び。

ドレスにも種類があります。ドレスのシルエットは、大きく5種類にわける事が出ます。

ここで5種類のドレスの説明をしますね。

最も人気の高いシルエットのAラインは誰にでも似合うデザインになっています。

上半身が細く、アルファベットのAのように裾にいくにしたがって広がりがあるデザインです。

カバー効果もあり背が低い人にAラインのシルエットはお勧めです。


上半身はぴったりとフィットし、ウエストから裾にかけてフレアーで広がったデザインがプリンセスラインです。

スカートの下に入れるパニエのボリュームがポイント。スカートの膨らみを調節できます。
華のあるシルエットは大きな会場にも負けないと人気です。

スレンダーラインとは、細身のシルエットです。身体のラインに沿ってデザインされてあります。

縦のラインが強調されることで、身長の高い花嫁さんの美しさが引き立ちます。

こじんまりした小さな会場に良く映えますよ。体型に自信のある方に是非着ていただきたいデザインです。

ベルラインとは、名前のとおり、ベルのような形をしたシルエットです。

ウエストを絞ることで、ウエストから下に向かってのボリュームが強調され、とても華やかに映えます。

また、体型補正効果が期待できるので、誰でも安心して着る事が出来るデザインです。

スレンダーなドレスのひざ下から裾に向かって人魚のように広がっていくシルエットを見たことはありませんか?

このドレスをマーメイドラインと言います。裾が広がった部分にはギャザーがほどこされてあり、ゴージャスなデザインのドレスです。

女性らしく大人っぽいく、ちょっと目立ちたい方にお勧めです。









×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。