招待状の注意点

結婚式の招待状で注意する点を今回も書いて見ます。

最近は、媒酌人を立てない場合や差出人を両家の名前ではなく結婚する二人の名前にすることも多くなりました。

そこで文面の無いようにに頭を抱えるカップルも多いはずです。

ここで注意していただきたいのが、いくらオリジナル・ウェディングだからといっても、くだけすぎた文面は控えてください。

非常識な、礼儀を知らないふたりだと思われては大変です。

招待状を手作りする際に特に注意して頂きたいのは、招待状の決まり事です。

招待状の文章には句読点をつけず、段落を変える際も文頭を開けないのがしきたりです。

表彰状などもそうですね、表彰状が有ったら確認してみてください。

これには「慶事には終止符を打たない」という意味が込められているそうです。

 また、少し厚手の白無地の紙に、黒・紺などの落ち着いた色のインクで印刷するのがフォーマルな形です。

いくら二人が幸せだからと言って色柄がカラフルでかわいらしくなんて考えないで下さい。

また、招待状のデザインや文面が、会場の雰囲気、挙式・披露宴のスタイルに合っているかどうかも大切な要素です。

格式の高いホテルやレストランでの正餐スタイルの披露宴ならフォーマル度の高い招待状を、ガーデンウェディングのように肩の凝らない披露パーティを…という場合はややカジュアルめな招待状でも大丈夫ですが節度をわきまえた招待状を作ってください。

結婚式の招待状での注意点

結婚式の招待状は内容で悩むと思います。

一般的には、文面などは結婚式場にあるカタログやサンプルを参考にすると間違いないと思います。

招待客を確認するときに注意すること・・・

注意をする点を上げておきます。

一番大事な点は何人招待するのかを決める事です。

その上で「必ず招待しなければならない人」と「招待できる人数に余裕がある場合に招待する人」の2種類に分けます。

「必ず招待しなければならない人」を書き忘れないように気をつけましょう。

予算の関係でお呼びする人数にかぎりが出るものです、優先順位をつけましょう。

それでは結婚披露宴の招待状発送の優先順位は?・・・

招待客は、先輩や会社の上司、友人、親戚、同僚などから選ぶのが一般的です。

両親の知人を招待する場合には、新郎新婦が直接お世話になった人を選ぶようにしたほうがいいでしょう。

この場合には、両親の立場を考え、両親の知人を招待する場合には必ず両親に相談するようにしましょう。

両家の招待客の比率は・・・

結婚式披露宴の招待状を出す際は、両家の招待客はだいたい同数にすることが理想的です。

招待する人数を2で割って割り当ててから、招待客を書き出すといいでしょう。

招待された人は結構このバランスを見ているものです。


結婚式招待状の内容や招待状の文面の調子は?・・・

形式的な内容でも口語調にするのが基本の書き方です。

結婚式場にサンプルなどがあります。参考にするのも良いとおもいます。

しかし、そのままそっくり真似するのはあまりよくありません。


結婚式招待状の内容について必要なこと・・・

内容で、絶対忘れてはならないのが

・「日時」
・「場所」
の2つです。

媒酌人がいる場合には媒酌人の名前も入れるのがマナーです。

また招待状の最後の方には、「返信はがきの返信期日」、「服装について」などを付け加えるとなお良いとおもいます。

基本は、案内状、会場までの案内図、返信用はがきなどは必須です。

それにプラスして披露宴の進行表、式の順序、二人の略歴、座席表などを同封する場合もあります。

また、差出人が本人以外の場合(両家の親など)は、本人からも別紙にひとこと挨拶を書いて同封すると印象が良いものです。

招待状の素材選び

結婚式の招待状は、婚式準備中の二人にとって重要な作業のひとつでもあります。

結婚式の招待状の準備は3ヶ月前に始めるのが理想的です。

そして、2ヶ月前に発送すると後々の作業をスムーズにすることができます。

結婚式招待状の作成は結婚式場のカタログから選んで、式場に依頼する人がほとんどです。

しかし、自分たちらしい招待状を作る人も増えてきています。

その時のちょっとした心使いが相手の心に触れるものですね。

結婚式の招待状を作成するときに最初にすることは、まず招待客リストを決めることです。

今までお世話になった人たちや親戚や親しい友人など・・・結婚式に招きたいゲストを選び出します。

自分たちだけでは分からない親戚付き合いや近所付き合いもあると思いますので、それぞれの両親に相談するのがよいでしょう。

そして両家のバランスを考えながら人数調整をしていくことも重要ですよ。

結構出席者の人がバランスを見ているものです。

結婚式の招待状につかう素材選びも重要です。

素材選びも、2人の個性がでるところです。

でも、あまりにも場ちがいの素材を使うことはやめましょう。

たとえ、自分たちが主役だとしても、個性的すぎるものは相手に対しても失礼ですし、印象もよくありません。

結婚式は自分達が思っているより意外と常識が幅を利かせます。

今では、結婚式用のシールや、レースの素材などさまざまおしゃれなものもあります。

また、かわいらしいものもあります。
2人らしい招待状で、ゲストにも喜んでもらえるといいですね。

結婚式の招待状を作ることも、結婚する2人の重要な共同作業の1つです。

日ごろお世話になっている人に対しての感謝の気持ちをこめながらつくりましょう。

オリジナル招待状を作る時のポイント

結婚式の招待状は、以前は、式場においてあるカタログから選ぶ人が多かったですね。

私なども頂く招待状は皆一緒でした。

しかし、今では、オリジナル・ウェディングを好む人が増えたこともあり、招待状を自分たちで手作りする人が増えてきました。

そこで、結婚式の招待状を作成するときのポイントを説明します。

○必要なもの

・招待状・・・・・・・表紙と文面を印刷した中紙

・返信用のはがき・・・ご出席、ご欠席のお返事をもらうために必要です

・カード(付箋)・・・・挙式に参列してもらう方や、祝辞や余興をお願いする方に添えます

・封筒・・・・・・・・招待状を入れるためです

・シール・・・・・・・封筒を閉じるためです

○文面を作成するときの注意点

・結婚式のタイプ
 教会式・人前式の場合・・・通常全員参列になるので、文面にその内容を書きましょう

 神前式の場合・・・・・・・通常ご親族のみ参列になるので、別にカードを添えましょう

・招待状の差出人

 本人の場合・・・・・・親しい友人のみの披露宴の場合には、自分達らしい表現でもかまいませんが、目上の方や両家のご親族を招待する場合には、形式的な表現にしましょう。

 両家の親の場合・・・・「○○長女○○」のように、親の名前の下に続柄、自分の名前を入れましょう。

親が結婚する二人の紹介をして、結婚式に出席することをお願いするという形式になりますので、しきたりどおりの文面が望ましいです。

ほかにも、送迎バスを準備している場合には、その旨を書き添えましょう。

また、今はアレルギーを持つ人が増えましたので食物アレルギーがないかどうかも書き添えるとより親切でしょう。

招待状に忘れてはいけない追伸カード、メッセージカード

ありきたりでないオリジナル招待状の書き方のポイントは、「簡潔に」、そして且つ「分かりやすく」です。

最近は、オリジナル・ウェディングを希望するカップルが増えてきています。

結婚式の内容も個性的になってきたのは、いうまでもありませんが、それと同時に招待状も個性的になってきています。

以前は、親の名前で招待状を出すのが一般的でしたが、現在は、2人が好きな文面で招待状を出すなど、個性的なものが増えてきました。

招待状に必ず記載する内容は・・・

・いつ

・どこで

・新郎新婦の名前

・どのような内容の結婚式を行うか(教会・披露宴のみなど・・・)

最近は、仲人さん(媒酌人)がいない結婚式が増えてきています。

また、招待状の差出人の名前を2人の名前にしたりするカップルも多くなりました。

以前は、結婚は、「家と家との結びつき」と考えられていました。

しかし、今は「個人と個人の結びつき」と考える人が増えてきているのも事実です。

また、招待状には忘れがちですが、大事な事があります。

それは、追伸のカードを入れることです。

スピーチや受付を頼んだ友人・知人・来賓の方には、何か一言添えることをおすすめします。

また、小さなカードを入れるのも、最近増えています。

以前は、受付の所で、住所や名前を書いたりしていました。

しかし、今では、事前に招待状に入れておいて、住所や電話番号や名前、メッセージなどをカードに書いてきてもらって、受付でもらうようなスタイルになってきています。

たしかに、そのほうが受付は混雑しないかもしれませんね。

招待状のパターンを考えてみる

結婚式の準備も3コーナーを回ったころでしょうか。

忙しくなってきましたがもう一頑張りですね。

これからは結婚式に出席いただくための招待状について調べていきましょう。

結婚式の招待状は、人生で最高に幸せなイベントの招待状なので、招待状もこだわりたいものです。

また、できるだけ、自分たちらしいものが作れたらいいですね。

自分たちの理想を話し合って、いくつか招待状のサンプルを作るのもひとつの手だと思います。

お招きする方たちの顔を思い浮かべながら、文面などのパターンを考えるのも楽しいひと時になると思います。

そのサンプルを結婚式場にもっていって、ウエディングプランナーさんに相談するのもいいでしょう。

サンプルつくりも結構楽しいと思います。

基本的に必要なものを紹介します。

○必要なもの

・招待状・・・・・・・表紙と文面を印刷した中紙

・返信用のはがき・・・ご出席、ご欠席のお返事をもらうために必要です

・カード(付箋)・・・・挙式に参列してもらう方や、祝辞や余興をお願いする方に添えます

・封筒・・・・・・・・招待状を入れるためです

・シール・・・・・・・封筒を閉じるためです

あとは、自分たちでオリジナルのものを作ってもいいと思います。

しかし、個性的すぎるものはNGです。

ある程度、常識の範囲内でつくりましょう。

結婚式の招待状を作るときには、インターネットや雑誌などで調べて、ほかのひとの招待状を参考にしてみるのもいいですね。

また、招待状の手作リセットのようなものも売っているようです。

詳しいことは、インターネットなどで調べてみてくださいね。

しかし、すべて手作りしてしまう人も中にはいます。

もちろん、数が多ければ多いほど大変なのも事実です。

手作りは、相手に気持ちが伝わると思います。

無理しない程度にがんばって作ってくださいね。




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。