招待状に忘れてはいけない追伸カード、メッセージカード

ありきたりでないオリジナル招待状の書き方のポイントは、「簡潔に」、そして且つ「分かりやすく」です。

最近は、オリジナル・ウェディングを希望するカップルが増えてきています。

結婚式の内容も個性的になってきたのは、いうまでもありませんが、それと同時に招待状も個性的になってきています。

以前は、親の名前で招待状を出すのが一般的でしたが、現在は、2人が好きな文面で招待状を出すなど、個性的なものが増えてきました。

招待状に必ず記載する内容は・・・

・いつ

・どこで

・新郎新婦の名前

・どのような内容の結婚式を行うか(教会・披露宴のみなど・・・)

最近は、仲人さん(媒酌人)がいない結婚式が増えてきています。

また、招待状の差出人の名前を2人の名前にしたりするカップルも多くなりました。

以前は、結婚は、「家と家との結びつき」と考えられていました。

しかし、今は「個人と個人の結びつき」と考える人が増えてきているのも事実です。

また、招待状には忘れがちですが、大事な事があります。

それは、追伸のカードを入れることです。

スピーチや受付を頼んだ友人・知人・来賓の方には、何か一言添えることをおすすめします。

また、小さなカードを入れるのも、最近増えています。

以前は、受付の所で、住所や名前を書いたりしていました。

しかし、今では、事前に招待状に入れておいて、住所や電話番号や名前、メッセージなどをカードに書いてきてもらって、受付でもらうようなスタイルになってきています。

たしかに、そのほうが受付は混雑しないかもしれませんね。

招待状のパターンを考えてみる

結婚式の準備も3コーナーを回ったころでしょうか。

忙しくなってきましたがもう一頑張りですね。

これからは結婚式に出席いただくための招待状について調べていきましょう。

結婚式の招待状は、人生で最高に幸せなイベントの招待状なので、招待状もこだわりたいものです。

また、できるだけ、自分たちらしいものが作れたらいいですね。

自分たちの理想を話し合って、いくつか招待状のサンプルを作るのもひとつの手だと思います。

お招きする方たちの顔を思い浮かべながら、文面などのパターンを考えるのも楽しいひと時になると思います。

そのサンプルを結婚式場にもっていって、ウエディングプランナーさんに相談するのもいいでしょう。

サンプルつくりも結構楽しいと思います。

基本的に必要なものを紹介します。

○必要なもの

・招待状・・・・・・・表紙と文面を印刷した中紙

・返信用のはがき・・・ご出席、ご欠席のお返事をもらうために必要です

・カード(付箋)・・・・挙式に参列してもらう方や、祝辞や余興をお願いする方に添えます

・封筒・・・・・・・・招待状を入れるためです

・シール・・・・・・・封筒を閉じるためです

あとは、自分たちでオリジナルのものを作ってもいいと思います。

しかし、個性的すぎるものはNGです。

ある程度、常識の範囲内でつくりましょう。

結婚式の招待状を作るときには、インターネットや雑誌などで調べて、ほかのひとの招待状を参考にしてみるのもいいですね。

また、招待状の手作リセットのようなものも売っているようです。

詳しいことは、インターネットなどで調べてみてくださいね。

しかし、すべて手作りしてしまう人も中にはいます。

もちろん、数が多ければ多いほど大変なのも事実です。

手作りは、相手に気持ちが伝わると思います。

無理しない程度にがんばって作ってくださいね。

結婚準備と結婚式の節約術

バブルの時代には派手な結婚式もありました。

でも、最近は結婚式にお金をかけるより、式後の生活に重点を置く考え方が多くなってきました

結婚式は自分たちでどこまで節約できるのでしょうか。

節約できるなら費用を最小限度抑えたいものです。

結婚式や披露宴はちょっとした出費感覚で出来る事ではありません。かなりのお金がかかります。

例えば、セレモニー用のウエディングケーキ。このケーキを生ケーキに変更する事で料金がアップしてしまいます。

せっかくの結婚式は、おしゃれでかわいい生ケーキが人気ですが、節約するポイントでもあります。

生ケーキになると、セレモニー用のウエディングケーキよりも大きさは小さく、見た目の派手さもセレモニー用のウエディングケーキと大きく違ってきます。

でしたら、特にこだわりがなければ、セレモニー用のウエディングケーキを選んだほうが節約にもなるでしょう。

ただし、節約するといっても、ケーキ入刀をした後、ゲストにケーキを出しますね。

ここでケーキを出さない方向にしてしまうことは避けたほうがいいでしょう。

自分が招待客の側に立った時のことを考えてください。

ケーキは出されたら嬉しいものですし、食後にケーキが出ないと何か物足りなさを感じてしまいますよね。

お持ち帰り用のケーキを用意する場合は一つ350円くらいです。

80名でも28000円。

ここは節約せずにお持ち帰り用のケーキを用意したほうがいいでしょう。

ランクをダウンさせる程度なら、招待客に気付かれない事もありますが、無いと誰でもわかるものです。

セレモニー用のケーキは、料金が3万5千円程度です。

プラスお持ち帰り用ケーキが2万8千円前後。

合計で6万5千円くらいの料金になります。

生ケーキは、10万円前後が相場です。

約4万円節約出来てしまうのです。

ポイントとして、招待客にあからさまにわかる部分は節約しないほうがいいですね。

わからないようにそっと節約するのが上手な節約術です

ケーキの部分で節約したり、ほかの所でも節約出来たら、浮いた分かすかな贅沢も出来てしまいます。

新婚旅行のグレードをあげることも可能になります。新生活にお金を回すのもいいですね。

上手なお金の使い方をしてくださいね。



| 結婚準備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

結婚式の料理・引き出物発注

いよいよ結婚式の準備も佳境には行って来ました、これからは式に来ていただく人など、自分達以外の人も絡んできます。

慎重に準備をしていきましょう。

結婚準備で招待状の枚数、来て頂く人数もとても大事なことです。

人数に合わせて料理や引き出物を最終発注するのは、招待状の返事が全て揃ってからになります。

ここでは細やかなオーダーなど、料理の最終的な打ち合わせをして、招待客への気配りをしていきましょう。

料理の大まかな内容は、式場予約後、早い時点で打ち合わせをし、大体決めておきます。

最終的に具体的な話を進めて行くのは、招待状の返事が全て揃ってからの最後のタイミングだと考えてください。

大きな変更、追加注文、細かい所を話して行きます。

飲み物の種類、子供用の料理、料理の順番、出すタイミングなど、打ち合わせをしながらしっかりと把握しておきましょう。

ナイフとフォークは見栄えもよく、ナイフとフォークを使って食べるのが基本の料理でも、年配の招待客にはお箸があると便利で喜ばれます。

おじいちゃん、おばあちゃんをご招待する時は箸を忘れずに準備してあげてください。

料理の内容があらかじめ決まっているのがパックプランです。

部分的に変更する事が可能な場合もあります。事前に調べて下さいね。

また、会場によっては、決まった料理の他に、個別に料理オーダーが出来るところもあるようです。

今アレルギーなどで特定の食材が食べられない方もいらっしゃいますね。

招待客に対する配慮は、とくに料理の場合とても喜ばれることです。

アンケートが取れるようなら、事前に聞いてみるのもいいかもしれませんね。

最後にお渡しする引き出物。

招待客にありがとうをこめた贈り物です。

記念品やお菓子など引き出物の内容や量は、地域、家柄によって大分違ってきます。

招待客の年齢層や好みに合わせて数種類、引き出物を用意するケースも増えています。

品選びは大変な作業ですが、その気配りが相手に伝わるように心掛ける事が大事ですね。

ただし、大きさがあまりにも違いすぎてしまうことは避けてください。大きさに差が出ないようにした方がいいでしょう。

最終的に発注する時は数はもちろんですが、内容の確認は必ずしてください。

カタログを見るだけでなく実際に品物を見て確認する事も大切です。

| 結婚準備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新生活の家具の購入

結婚の準備では新しい家具を揃えて購入することもありますが計画を立てて家具選びをすることを提案させていただきます。。

新生活のスタートとなるので、どうしても新しいものを揃えたりと買い物するのも大変です。

そして家具選びはお金がかかります。長く使うものですので慎重に選びましょう。

新生活に必要な家具や電化製品は数え切れないほどあります。

昔は住むところを男性が用意する。女性は家具を用意する。といった習慣がありました。

でも、ここ最近では時代も変わり多様化しています。

どちらかが一人で暮らしていた場合、まだまだ使える物を捨てるのは、もったいない事です。

家族が増えた時や、新居にあった家具が見つかった時点で買い足していくようにしたほうが経済的ですから、使えるものはそのまま使うといったケースが増えています。

それでもお互いが親元の実家で暮らしている場合、揃える家具も多く大変です。

百貨店や家具専門店などには、最近婚礼向けのセット商品が用意されているお店もあります。

セットなら価格も多少抑えられるので参考にして見てください。

昔からの一般的なセットから、住宅事情に合わせた物、シンプルなデザインの物まで多彩に揃っています。

せっかくそろえた家具が新居に入りきらない、そんなこともよくあります。

そんなことが無いように家具を選ぶ時は新居が決定してから決めるのがいいでしょう。

家の間取りに合わせた家具選びが大事ですね。

数年後に購入を考えている場合は、とりあえずの必要な家具だけ揃え、家の購入と同時に必要な物を揃えたほうがいいですね。

また仕事の都合などで転勤の多い場合も考慮が必要となります。

地方によってはおめでたい行事として、女性の実家から家具(嫁入り道具)を運び出す「荷出し」を行う地域もあります。

名古屋は派手な嫁入りで有名ですね

大安の日に行われ、紅白のリボンをかけて新居まで運ぶと行った行事です。

近所の子供たちにお菓子をふるまったりもします。

自分の住む地域にどんな習慣があるかを調べてみるのも小さな発見となり、楽しいかもしれませんね。

両親や家具店の担当者に聞いたりして新しい生活のスタートにして下さい。


| 結婚準備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。