Aラインのウエディングドレス

ウェディングドレスには様々なラインがありますよね。

プリンセスライン、マーメイドライン、ベルラインなどなど。

今日はその中でも、いつの時代も人気のウェディングドレス、「Aライン」をご紹介いたします。

Aラインドレスは、1955年のパリ・コレであのクリスチャンディオールが発表したドレスラインです。

Aラインという名前の通り、ウエストから裾にかけて、スカート部分がアルファベットの「A」のようにまっすぐに広がったラインが特徴のウェディングドレスです。


ウエストでの切り替えがなく、縦のラインが強調されるので、腰のラインがすっきりして、スタイルが引き締まって見えます。

しかしながらスタイリッシュすぎず、ゴージャスなシルエットを作り出してくれるウェディングドレスです。

女性らしいエレガントさを演出してくれますよ。身長、体型にかかわらず、どんな方でも着こなせるバランスのよいウェディングドレスなので、初心者の方におすすめです。

身長の低い方でもウェストの位置が高く、脚が長く見えます。ヒールを履けばさらに高く見せることができます。

また、スタンダードなウェディングドレスですが、デザインや素材によって様々な表情を見せてくれるドレスです。

スタンダードなだけに、思考のこらされた豊富なデザインのドレスがあります。

実際に試着してみて、自分にぴったりのウェディングドレスを選んでくださいね。

またインターネットでもいろいろなデザインのAラインドレスが紹介されているので、参考にしてみてください。

スレンダーラインのウエディングドレス

ウェディングドレスにはデザイン・シルエットによっていろいろなラインがあります。

Aライン、マーメイドライン、プリンセスラインなど、華やかなデザインから大人っぽいデザインまで。

今日はその中からシンプルなデザインが特徴のスレンダーラインのウェディングドレスをご紹介致します。

スレンダーラインはすっきりとシンプルなラインが特徴のウェディングドレスです。

ウェディングドレスというとよくヒダヒダが幾重にも重なったふんわりしたイメージがありますが、スレンダーラインのウェディングドレスは、そのヒダがなく、足先までストンと落ちたスカートです。

他のラインのウェディングドレスと比べて、大人っぽい印象を与えるウェディングドレスです。

シンプルで飾らないけれどエレガントで上品なウェディングドレスです。落ち着いた雰囲気を出したい花嫁さんにはぴったりのウェディングドレスです。

スレンダーラインのウェディングドレスは、ボディラインがはっきりと出るので、マーメイドラインと同様細身で背の高い方によく似合います。

しかし、全体的にゆとりを持ったソフトスレンダーラインにすると、体型を隠してくれますよ。

また、全体的にシンプルなので寂しくなりがちなため、顔立ちがはっきりしている方のほうがよいでしょう。

そして、スレンダーラインのウェディングドレスはシンプルな分、小物が引き立ちます。ブーケやアクセサリなどにこだわりたい方にはぴったりです。

結婚準備でのドレスのデザインの基本知識

前回和装の種類について書きました。

今回は結婚式で新婦さんが最も楽しみにしているウエディングドレスの基本についてです、是非参考にして下さい。

ウエディングドレスの中でもたくさんのデザインがあります。

普段の洋服選でも見た感じと着た感じは違うように、ドレスも見たイメージと着たイメージはまったく変わってきます。

ただ好きなドレスを選ぶのではなく、自分に合ったドレスを見つけることが重要です。

結婚式の準備でとても重要になるドレス選び。

ドレスにも種類があります。ドレスのシルエットは、大きく5種類にわける事が出ます。

ここで5種類のドレスの説明をしますね。

最も人気の高いシルエットのAラインは誰にでも似合うデザインになっています。

上半身が細く、アルファベットのAのように裾にいくにしたがって広がりがあるデザインです。

カバー効果もあり背が低い人にAラインのシルエットはお勧めです。


上半身はぴったりとフィットし、ウエストから裾にかけてフレアーで広がったデザインがプリンセスラインです。

スカートの下に入れるパニエのボリュームがポイント。スカートの膨らみを調節できます。
華のあるシルエットは大きな会場にも負けないと人気です。

スレンダーラインとは、細身のシルエットです。身体のラインに沿ってデザインされてあります。

縦のラインが強調されることで、身長の高い花嫁さんの美しさが引き立ちます。

こじんまりした小さな会場に良く映えますよ。体型に自信のある方に是非着ていただきたいデザインです。

ベルラインとは、名前のとおり、ベルのような形をしたシルエットです。

ウエストを絞ることで、ウエストから下に向かってのボリュームが強調され、とても華やかに映えます。

また、体型補正効果が期待できるので、誰でも安心して着る事が出来るデザインです。

スレンダーなドレスのひざ下から裾に向かって人魚のように広がっていくシルエットを見たことはありませんか?

このドレスをマーメイドラインと言います。裾が広がった部分にはギャザーがほどこされてあり、ゴージャスなデザインのドレスです。

女性らしく大人っぽいく、ちょっと目立ちたい方にお勧めです。





結婚式前に知っておきたい、花嫁和装の種類

日取りも決めて、式場も決まったら早めに衣装も決めて起きたいですね。

結婚式の準備で和装をお考えの方にはチェックしなければいけないのが着物のデザインです。

和装の基本的なことをおさえておきましょう。

和装は大きく分けて白無垢、黒引き振袖、振袖、色打掛けがあります。

決まりなどはありませんが挙式で着るのが白無垢と黒引き振袖といわれ、色打ち掛けと振袖はお色直しで着用するのが一般的と言われています。

ドレスと違いシルエットに大きな違いがない分、柄や色の種類が豊富にあります。

その分あなたの色がでるわけですね。

白無垢とは全身を白で覆うことを言います。

一見した所ではどれもこれも同じに見えますが、生地の織り方、柄などたくさんの種類があり、なかでも織は印象を左右するといわれると言われています。

織の特徴で白無垢に良く見られる絹糸。美しい光沢がよく映えます。

女性らしい着姿になるため、身長が高い女性にも似合うとされています。

唐織とは織り地がしっかりとし、刺繍をしたかのように柄が浮かび上がって見えるのが特徴です。

小柄な花嫁におすすめです。

お色直しの衣装として一般化した色打掛は、白、赤、黒の地色に限られていた昔の姿も消え、多彩な色や柄が用意されるようになりました。

表情が明るく見える地色を探すことがポイントです。手の込んだ織や染、刺繍で映し出された模様も気になりますが、まずはあなたに合った地色を探しましょう。

その他、注意するポイントとして、小柄な人には細やかな総柄、大胆な構図の絵羽文様は身長の大きな女性に似合うとされています。

着物の色、柄はもちろんですが色合い、小物、合わせる帯と、全体のバランスを考えながら選ぶのが振袖です。

後姿のポイントともなる帯は、結び方はもちろん、金糸銀糸を織り込んだ丸帯が、華やかさの点でも高い評価を受けています。

伊達襟、帯締め、帯揚げ、の配色や着付けの工夫も着物の印象を決めるポイントです。
| 結婚準備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

結婚準備と海外挙式の費用

前回まで国内での挙式について調べてきました。

今回は今ブームになっている海外挙式について調べてみましょう。

海外挙式の費用はどれくらいかかるのでしょうか。

細かい事は考えたくないという方には式場使用料はもちろんですが、牧師様への謝礼、音楽演奏の他に、式場への送迎など、さまざまな費用がセットになっているプランがあります。

5万円くらいから一番高い料金で15万円くらい前後が相場でしょう。

ウエディング衣装やビデオ撮影など、オプションとなってしまう所が多くありますから注意して下さい。

旅行代金の目安としては、出発時期によって違いが出てきます。

宿泊するホテルのグレードや滞在日数でも大きな費用の差が出ます。

出発時期を安い時期に設定するなら、ゴールデンウィークを除いた4月、5月、また10月から1月の平日に出発すると料金はだいぶ抑えることが出来るでしょう。

ハワイやグアムを選択した場合、スタンダードクラスのホテルの相場は8万円台、その上のホテルのランクでも12万円台が相場です。

フリープラン5日間などのパックは食事・観光がついてないコースもあります。

カレンダーの連休を利用する場合や、年末などの旅行時期が重なる時は、料金も倍以上かかることがあります。

オプションの中でも一番金額の高いものが衣装です。

多少、個人差は出ますが、新郎新婦の料金で12万〜20万近くが相場でしょう。

ビデオやアルバムなどは、式の間、撮影禁止となっています。

どうしても思い出として残しておきたい人は注文した方がいいですね。

ビデオ、アルバムの料金は5万円くらいからです。

結婚式は1度きりなので、撮りなおしが出来ません。

ビデオとアルバムの両方を注文する人が多いみたいですよ。

最近では現地の主催各社が、ブライダルプランとして、衣装、ヘアメイク込みのお得なパックも数々出ています。

挙式料のほかに、衣装が12万〜15万。

新婦のヘアメイクで17万円。

写真はネガもついて18万円ぐらいが妥当な料金です。

出発の日も選択でき、教会やドレスにあまりこだわず、普通の結婚式を行う場合は、お二人の費用で35万円くらいが相場でしょう。

旅行会社主催のパッケージツアー料金はお二人様、旅行代金を含めて30万円からなど、お得なパックもたくさん出ています。

料金は安く抑えることが出来るのですが、時間の自由がきかないために、様々なスケジュールが出発間際まで決まらないといった欠点もあります。

よく話し合ってスケジュール調整を行った方がいいでしょう。


| 結婚準備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。