披露宴のスタイルを決める

本来、披露宴とは夫婦の誓いと報告をお披露目する場となります。

挙式を済ませた後に、二人が夫婦になったことの報告、そしてこれからもこの新しい夫婦を末永くどうぞよろしくお願いします。
とお披露目するのが披露宴の意味です。

そのような意味の披露宴にもさまざまスタイルがありますし、会場やホテルによっても違いがあります。

一般的に行われるのが、ホテルや結婚式場での披露宴。

挙式と披露宴が同じ場所の場合はとてもで便利です。

各、披露宴会場は部屋の広さ、音響や照明やなどの施設も充実しています。


チョット変わって最近人気を集め始めているのはレストランで行なう披露宴です。

理由としては披露宴と同時に、そのお店の自慢の料理を楽しむことが出来きるからです。

施設内のレストランを利用できるホテルもありますし、ガーデンを使って披露宴が出来るところと様々です。

披露宴専用の会場ではない場合、十分な広さや設備が整わない事もありますので事前によく調べることをお勧めします。

人数があまり多くない場合はアットホームな披露宴がお勧めです。

少人数の為、料理の種類も増やすことが出来ます。

招待した人に食べてもらう料理は、披露宴のなかで最も大切な一つです。

招待客の年齢層で料理のコースを考えたり披露宴の雰囲気を考えながら、二人でイメージしてみてみるのも楽しいことですから是非色々なアイデアを考えてくださいね。

披露宴の料理の種類は6種類に分けることが出来ます。

和食の場合はお箸で食べられることもあり、年輩の招待客の方にはとても喜ばれます。

洋食などのフランス料理は披露宴の料理として最も人気があります。

最近、イタリアンブームの影響でイタリア料理を取り入れる式場も増えてきました。

若い年齢層の招待客が多い場合におすすめです。

その他に中華料理、地中海料理、和洋折衷料理、などもあります。

お呼びする方の顔を思い浮かべながら料理を選んで行くのも楽しみの一つになりますね。



| 結婚準備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

結婚準備の前に知りたいレストランウエディングの費用

ありきたりの結婚式にしたくない。

親しい友人知人とちょっとしたパーティ形式にしたい時に使われるレストランウエディング。

レストランウエディングは、ホテルや結婚式場よりも、比較的安い金額で、結婚式を挙げることが出来ます。

しかし、同じレストランウエディングでも会場やホテルによって費用が大きく違ってきます。

ホテルや結婚式場でも使用する会場によっても費用が大幅に違ってきます。

レストランウエディングの場合はバリエーションの幅が広く、本格的なスタイルからカジュアルなスタイルまで、挙式スタイルに制限がありません。

その為に、ホテルや結婚式場よりも、費用の開きが大きくなってしまいます。

レストランウエディングの費用は、どれくらいかかるのでしょうか。

いろいろなスタイルがあるのであくまでも目安に考えて下さいね。

広い庭園で行うアットホームなガーデンスタイルでのレストランウエディングの場合、ウエディングペーパーアイテムやアクセサリーなど、作れる小物はほとんど手作りで行います。

費用最小限に抑えたシンプルな結婚式です。

また、挙式を行う場合も同じ会場の庭園で、人前式スタイルで行われます。

知人に頼んでおきたい事は披露宴の司会者、人前式の司会進行係、音響担当、スナップ写真の撮影やビデオ撮影などが主です。

そのような形態でだいたいの総額で160万円ぐらいが相場となります。

ここで、レストランウエディングの費用と、結婚式場やホテルで行った場合の費用を比較すると倍ぐらい差が出ます。

前途の通り、ここで紹介した費用は、アットホームをテーマとしたシンプルな結婚式の場合です。

同じ条件で単純な比較が出来ないために大体の費用の紹介になりましたが、ご了承頂きたく思います。



| 結婚準備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

結婚準備でブライダルフェアにいこう

結婚披露宴会場で行われるブライダルフェア(ウエディングイベント)。

昔、お見合い結婚が盛んな頃、仲人さんに見せてもらった写真と実際に会ってみるのとは大違いの人物だったなどといった笑い話も聞いたことがあります。

最近では通販カタログで見た商品と実際に届いた商品が別物のようだったなんていう経験はありませんか?


式場選びの際に、同じことが起こらないとは言い切れません。

そんな経験を大事な結婚式でしないように結婚の準備、式場選びのポイントについてここでお話しましょう。

輝かしいゲストハウス、教会は中世ヨーロッパを感じさせ、人気のコース料理は口コミだけでも大評判。

そんな人の噂だけを信じて苦い経験をしないためにも、会場ごとに、まずは1軒1軒足を運び自分で参加して自分の目で確認することが大切です。

最近では衣装の試着や料理の試食など自分で参加するスタイルのイベントが増えて来ました。

デートの日に二人で気軽な感覚で楽しめるようにもなりました。

模擬披露宴、婚礼衣装試着、模擬挙式、各種展示など、実際に行われる披露宴をイメージしやすく、
その会場の得意分野やセンスが把握できるので、気になった会場のイベントには是非参加をお勧めします。

試食会などを除き、基本的には予約不要、料金は無料です。

試食会では実際に行う披露宴の婚礼料理と同じものを試食できます。

また予約制、料金が有料の場合は通常料金より安く料金設定されてある場合が多いようです。

模擬披露宴を行う場合、試食するカップルをゲストに見立ててしまう会場もあります。

通常の会場見学では普段確かめることの出来ない音響や照明をチェックするとできるので演出効果を確かめるにも良いでしょう。

また実際の披露宴で着用する婚礼衣装を試着できる試着会などもあります。

イベントでは試着が行われる会場は多く、その会場で扱っているのレンタルドレスの下見も可能です。

会場により和装の試着からヘアメイクまで、嬉しいことに撮影のサービスも行なっている会場もあります。

そして挙式・披露宴にかかる大体の金額を会場、衣装などを見ながら試算して見積もりを出してもらいます。

招待人数や希望する項目など伝えてください。料金は無料です。

一生に一度の結婚式です、いくつかの会場を下調べをして気に入った会場がありましたら是非一度実際に行って見ることをお勧めします。

結婚式の準備には各会場の相場を知り大体の予算を出してもらうことも是非お勧めします。



| 結婚準備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

結婚準備で知っておくべき結婚式のスタイルについて

私の幼い頃からの夢はバージンロードを純白のウェディングドレスを着て歩くこと。

バージンロードを歩くのは、私の物心が付いた幼い頃からの夢。

という人もいれば、日本の伝統的な白無垢を着て和の趣を感じたいという人もいるはずですね。

いろいろな挙式スタイルがある中で、結婚式で何を表現したいのか、誰に見てもらい、誰に一番喜んでもらいたいかを二人で話し合いながら決めていきます。

また、挙式スタイルはさまざまな宗教もかかわってきます。

どんな結婚式にしたいかを慎重に話し合って最終的に決める前にご両家のご両親に意見を聞いてみるのも良いかもしれません。

式場探しと同様に大切なのは結婚するお互いのコンセプトです。

お互いのコンセプトをしっかり持ちながら自分たちの「挙式+披露宴」を楽しく表現することが出来れば、印象に残る結婚式にする事ができます。

もっとも人気がある結婚式のスタイルはキリスト教式です。

半数以上のカップルがこのスタイルを選ぶようになりました。

白いドレスとバージンロードが昔からの憧れ、と言う人が多いのも人気の理由ですね。

ほとんどのホテルが、親族以外の友人や知人の方々などを招待出来るようになりました。

専門式場でもチャペルが併設されてます。

キリスト教にかかわりがなくても挙式する事が出来るのです。


同じ挙式でも、神前式と言う形もあります。

神前式とは先祖の神々に結婚を報告する日本の伝統的な挙式スタイルを言います。

白無垢などの和装。奥ゆかしく、しめやかな雰囲気は両親の強い希望でとこのようなスタイルを選ぶカップルも多いようです。

列席者は親族のみと思われる方もたくさんいますが、知人・友人も列席が出来ます。

みんなと同じにしたくないというオリジナルな点で最近は芸能人カップルがこのような形にすることが増えました。

最近も話題になったカップルがいましたね。

また仏前式とは、仏さまに二人の結婚を報告し、先祖の霊に二人の出会いを感謝するスタイルです。

基本的には僧侶を自宅に招いて挙式をするか両家のどちらかの菩提寺で挙式するかが一般的だと言われています。

信徒ではない人が仏前式での挙式を挙げることは、とても難しくなっており行っている人数は全体の約1%と少数です。

家族・友人・知人など列席者全員の前で愛を誓い合う人前式は新しいウエディングセレモニーとしてとても人気があります。

自由なアレンジが可能の他、決まった形式がない分、自分達のオリジナルウエディングを作れるのも人気の一つです。

結婚式自体があまりにも砕けてしまうとよくないこともありますから
注意しながらの話し合いが必要ですね。

またテーマパークや船上などで披露宴を行うことも出来ます。

新しいアイデアを次々企画してくれる会社もありますよ。



| 結婚準備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

結婚準備は日取り設定から

結婚式の準備としてまず日取りの設定は必ず最初にしなければならないことです。

季節や、曜日などカレンダーとスケジュールを照らし合わせながら決めて行きます。

お日柄の良い日は1年位前から埋まっていきます。

結婚式にもといいますか、結婚式だからといってもよいくらい人気の季節があります。

式に来ていただくお客様の事を考えると気候の良い春と秋は人気が高く結婚式が集中する季節なのも仕方がないことですね。

日程になると大安の土曜日、日曜日、祝日。

来ていただく方に配慮して連休などと、考える事は皆さん一緒ですからお日柄がいい時には最も集中します。

幸せな花嫁の象徴と言われるジューン・ブライド。

6月に行われる結婚式は人気が高くどの式場も早くから予約が埋まってしまいます。

早めに手配出来るようにした方がいいでしょう。

人気のある6月の季節は、日本は蒸し暑い露の時期に入ります。

屋外でのパーティーは開放感もあり素敵な結婚式になりますがこの時期はできれば避けたほうが無難です。

逆に結婚式が少ない季節が夏と冬。お日柄では仏滅です。

オフシーズンなので安いプランが多数用意してある式場もあります。

結婚式の数が少ないので、直前の申し込みも可能な場合が多いですしサービスも良くなるようです。

お盆や年末年始はご招待される側の皆さんも最も忙しい時期ですので、この時期の結婚式は避けた方が無難です。

ふたりを祝福してくれる方々への気配りは大事にしましょう。

結婚式の日取りは、昔のように大安や仏滅にこだわるカップルは減っているようです。

しかし年配の方には日取りを気にする方もいらっしゃるので両親や家族に相談して一緒に日取りの設定をした方がいいですね。

キリスト教の挙式の場合は考慮しなくてもよいとされています。

日取りの考え方のルーツは中国を起源とした東洋から来ているようです。

前の記事で書きましたが時間帯によっては大安、仏滅以外の日にも、吉凶があります。

結婚式の開始時間を決めるときに参考に覚えておくと便利です。

大安の日はすべてが吉、先勝は午前中が吉、先負は午後からが吉、友引は朝晩が吉、理由としては友を引くと言われることから来ています。
祝い事なら終日良い人されているようです。赤口は正午が吉。

仏滅は祝い事は避けたほうがいいでしょう。




| 結婚準備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。